prison & whiskey

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prison & whiskey

購入した物のレビュー、聴いた音楽、気になった話題などを取り上げたりしています。コメント大歓迎です。

【たまに追記】YouTubeで感動したロック・メタル系のカバーを集めてみた (主にボーカル)

f:id:Litter_Me:20160629094234p:plain

別に誰に紹介する記事でもなく、自分の忘備録も兼ねて載せています。

完全に自分の趣味です。

 

それでも、見てくれた方が気に入ってくれたら嬉しいです。

 

動画だけじゃなく、歌っている人の情報もかなり載せています。

 

「動画だけ見たい!」って人は適当にすっ飛ばして下さい。

 

基本的に海外のものなので、情報が間違っているかもしれません。

「英語力・・・たったの5か・・・ゴミめ・・・」な人間なので。

メタル系

Judas PriestThe Sentinel (Vo. & Gt. Cover)

 

凄ぇ・・・ブチ切れてるぜ・・・

 

声はよく似ています。

ロブ・ハルフォードをさらに太くした感じ。

 

切り裂くシャウトの鋭さ、凄まじいまでの高音の伸び。妙妙たるカバーです。

 

動画の投稿元は「Jotun Studio」ですが、これはあくまで撮影した会社の名前。

 

歌っている方は韓国のSiegfried Song

 

 

Judas Priest / Painkiller (Vo. Cover)

 

そのSiegfried Songが歌っているPainkillerがこちら。

 

この人よくやりますね。

いい具合にブチ切れています。

 

 

この人は他にも様々なカバーをしていて、

 

 

BABYMETALの『イジメ、ダメ、ゼッタイ』をカバーしています。

 

もちろん日本語で。

 

しかも原キーで。

 

ちなみに「Symmetric Chaos」と「Shadowland」というバンドのボーカルだそうです。

 

 

Judas Priest / Painkiller (Vo. Cover)

 

またPainkillerです。

歌っているのはブラジルのDino Fonseca

 

先ほどのSiegfried Songがガナリ声だったのに対し、こっちの方が金属的で鋭いです。

 

声はちょっと細いかな、と思うこともありますが、高音の伸びが素晴らしいです。

 

 

Pantera / Cowboys From Hell (Vo. Cover)

 

またこれもよく似ている…

声だけじゃなく、顔も似てます。

フィル・アンセルモそっくりさんコンテストに出られます。

 

Jon Pinnerという方だそうで、「Defined」というバンドもやっているようです。

バンドのfacebookによると、現在はJon Riouxという名前に変えているのかな。

 

多分カナダの方。

 

www.cdbaby.com

 

バンドの曲はここから試聴することが出来ます。

なかなか格好いい。

 

PanteraやKillswitch Engageの影響を感じます。 

 

 

Pantera / Fucking Hostile (Vo. Cover)

そのJon Pinnerが歌う "Fucking Hostile"。

 

 

もう本物と区別が付かないよ・・・

 

 

 

 

Metallica / St. Anger (Full Cover)

『St. Anger』のフルカヴァー。

ボーカルだけではなく、その他全ての楽器もカバーしています。

 

本家のアルバムは音も含め賛否両論でしたが、このカバーは凄い。

完全に本家を超えた。このクオリティで出して欲しかった!と、唸りたくなる。

 

さらに凄いことに、このアルバムはボーカルを務めるDave C. と、ギター・ベース・ドラムを一人三役でこなすDaryl G.たった二人で演奏されています。

 

Daryl G. のマルチプレイヤーっぷりは見事です。

 

是非このクオリティで他のアルバムもカバーして欲しい・・・

 

 

 

 

Metallica / Master Of Puppets (Vo. Cover)

 

歌っているのはRikk Wolfさん。

ジェイムズ・ヘットフィールドとデイヴ・ムステインを足したような声。

独特だけど、味はあると思います。

ロック系

NirvanaSmells Like Teen Spirit (Vo. Cover)

 

この曲は国を問わず色々な人がカヴァーしていますが、なかなか難しい。

 

シンプルな曲だけに、余計にボーカルの個性が出ます。

 

上手くても駄目。マネてみても駄目。

変に雰囲気を出そうとすると、余計にこちらが恥ずかしくなる。

 

そんな中、このRamiro Saavedraという方の歌唱は自然な感じで好感が持てました。

ちなみにペルーの方。

 

OLAFなるバンドもやっているようです。

facebookページもありました。

 

 

Guns N' Roses / Welcome To The Jungle (Vo. Cover)

 

太り具合声がよく似ています。

目を閉じれば、アクセルだと言われても信じてしまうかもしれない。

 

歌っているのはJuan "The Beast" Rodriguezという方。

通称Juan The Beast

 

名前の通り、Tim "Ripper" Owensが好きなようです。

 

ちなみにこの方、Twilight Messengerというメタルバンドで2014年にCDを出しています。

 

 

アルバム名は『The World Below』。

インディーズではなく、Stormspell Recordsというしっかりとしたレーベルです。

 

アクセル・ローズ meets パワーメタルって感じ。

まとめ

海外のカバーは、本格的なバンド活動をしている人も多いです。

 

日本の「カラオケ感覚」「文化祭感覚」の文化とはまた異なるのかもしれません。

 

コピーバンドをしていたら後任のボーカルになった、なんて話も聞きますし。

そうだね。ティム・リッパー・オーウェンズだね。