prison & whiskey

prison & whiskey

iPhoneやAndroid、Windowsといったガジェット。音楽、購入したもの、気になった話題など、好きなものを好きなように書くブログ。あなたのコメント、心よりお待ちしております。

こういうのが聴きたかった!これがスラッシュメタルだー!Exumer 4thアルバム『The Raging Tides』

Raging Tides

Raging Tides

 

 

ドイツ出身のスラッシュメタルバンド、Exumerの4thアルバム『The Raging Tides』をご紹介。2016年リリース。

80年台のバンドにありがちな経歴

このバンド、1986年に1stアルバム、そして翌年の1987年に2ndアルバムをリリースするも、その後解散しています。

 

しかし2001年。メタル・フェスに際して一日限りの再結成。

残念ながらここでは活動再開に至らなかったようで、さらに8年後の2009年にデモEPをリリースするまで音沙汰はありませんでした。

 

そして2012年、3rdアルバム『Fire & Damnation』で見事(?)カムバックを果たしました。

今回の4thアルバムは、そんな彼らの最新作です。

ピュア・スラッシュメタル

音作りは、まさにピュアなスラッシュメタル

 

数多くのメタルバンドが通ったあの90年台に、彼らは絶賛解散中でした。

それが功を奏したのか、まるで時代を超えてきたかのような音を鳴らしています。

重々しい雰囲気や、ドロドロとした展開などはありません。

 

Kreatorのように、過剰なまでの速さを求めるわけでもなく、クロスオーバーのように明るく騒いでいる感じでもありません。

 

小気味良く刻まれるリフは分かりやすく、適度にキャッチー。

一度聴くだけで「そうそう、こんなのが聴きたかったんだよ!」と叫び出したくなります。

 

ボーカルの声もいい意味で癖がなく、聴きやすいと思います。

曲紹介

1曲目:The Raging Tides

 

オープニングを飾る "The Raging Tides"。

リズミカルに刻まれるメインのリフは、一度聴くと頭にこびり付いて離れなくなります。

 

ギターソロも最高に熱い!これは良い。

激しくてメロディアス。程よい長さ。

 

 

 

8曲目:There Will Always Be Blood

 

これまた印象的なリフが癖になる曲です。 

 

後半にこういった曲を持って来れるのは強いですね。

アルバム全体がダレることなく、シャキッとします。

曲もアルバム全体も非常に高クオリティ

曲それぞれの良さもさることながら、アルバム全体(10曲)で35分というコンパクトさも魅力的です。

 

#3 "Catatonic" や#7 "Shadow Walker" といったミドルテンポの曲も、非常に格好いいです。

リフやメロディがしっかりとしているため、退屈さを感じることはありません。

 

アルバムとしての完成度は高いです。

必要以上に身構えて聴くこともないので、理屈抜きで楽しめると思います。

2016年にこんなアルバムに出会えて良かったです。

 

 

 

 

余談:ボーナストラック

ちなみに元々のアルバムは10曲入りですが、デジタル配信などでは12曲

ボーナストラックが2曲ほど加わります。

 

 

どちらもカバー曲で、11曲目の "Forever My Queen" はアメリカのヘヴィメタルバンド、Pentagramの曲。

 

 

 

 

 

12曲目の "Hostage to Heaven" も同じくアメリカのヘヴィメタルバンド、Grip Inc.の曲です。

超かっこいいスラッシュナンバーです。

 

 

ご存知の方も多いとは思いますが、Grip Inc.は元Slayerのデイヴ・ロンバードが結成したバンドです。

そのため、原曲でドラムを叩いているのはデイヴです。

 

正直、原曲の方が格好いいです。

まぁこれは仕方ないですね。