prison & whiskey

prison & whiskey

iPhoneやAndroid、Windowsといったガジェット。音楽。買ったもの。気になった話題など、好きなものを取り扱う雑多なブログです。コメント大歓迎です。

これはSystem Of a Downを超えたか!? Viza 3rdアルバム『Made In Chernobyl』

 

Made in Chernobyl

Made in Chernobyl

 

アメリカはロサンゼルス出身のオルタナティブメタルバンド、Vizaの2010年発売の3rdアルバム『Made In Chernobyl』です。

 

元々の名前はVisaでしたが、このアルバムから改名したようです。

 

なお2014年にアルバムを出して以降、現在は無期限の活動休止期間の模様。

System Of a Down譲りの音

一言で言えば、かなりSystem Of a Downに似たサウンド。

 

SOADのメタル要素を減退させ、代わりに民族音楽要素を強くした、と言えば伝わるでしょうか。

 

 

そもそもSOADとの関係は深い

ちなみに、このアルバムのエグゼクティブ・プロデューサーは、そのSOADのサージ・タンキアンです。

 

元々、彼とはツアーを一緒に回ったり、サージカルストライクレコードに在籍していたりと、育ての親のような存在。

 

それも納得の音です。

 

ちなみに、現在はそのレーベル側のページは削除されています。

 

Vizaの公式ページによると、Architects of MelodyなるレーベルからCDは出ているようですが、詳細は不明。

変態度ではSOADより上か?

とにかく初っ端から凄い。

 

SOADも変態でしたが、変態度においては上回っているかもしれません。

 

「ライライラーイ♪ ラリラリラリライライラーイ♪ ラリラリラリライライラーイ♪」

 

とラリラリ歌う一曲目 "Trans-Siberian Standoff" からしてラリっています。

問題の部分は2分49秒から

 

 

そのテンションを保ったまま、二曲目、三曲目と次々に進んでいきます。

この辺りの小気味良さは、SOADのアルバムにも通ずるものがあります。

 

三曲目の "Viktor" はサージがゲストボーカルとして参加しています。

開始一秒から、印象的なイントロに惹きつけられます。

 

 

ポップで変態。メタルな要素はメインではない

非常に濃い楽曲たちにもかかわらず、どこかポップで、思わず口ずさみたくなるメロディーです。

 

一曲一曲がとても良く出来ています。

次の曲はどんなのだろう、とワクワクします。

 

SOADの「激しさ」要素を求める方には物足りない部分はあります。

"Prison Song" や "Cigaro" のように疾走する曲はありません。

 

ですが、「変態」要素を求めるなら間違いなく楽しめると思います。

ジャンル的には「ジプシー・パンク」

ちなみに、彼らは「ジプシー・パンク」というジャンルにも分類されます。

 

「ジプシー」と呼ばれるロマ民族が奏でる音楽と、パンクロックが融合したジャンルだそうです。

 

オルタナティブメタルというよりも、こちらの方が近いのかもしれません。