prison & whiskey

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prison & whiskey

購入した物のレビュー、聴いた音楽、気になった話題などを取り上げたりしています。コメント大歓迎です。

重戦車的サウンド。ドッシリとしたスラッシュメタル。Spellbound 2ndアルバム『Nemesis 2665』

Heavy Metal

 

Nemesis 2665

Nemesis 2665

 

ドイツのスラッシュメタルバンド、Spellboundの2ndアルバム『Nemesis 2665』を紹介します。2007年リリース。 

キャリアは15年以上。アルバムは3枚

実はこのバンド、結成は1999年聖飢魔II

 

「ブハハハハ!お前も蝋人形にしてやろうか!」ってヤツですね。

 

つまり、キャリアは実質15年以上になります。

 

しかし、現在までにリリースしているアルバムはわずか3枚

活動休止期間があったことが一因のようです。

 

  • 1stアルバム『Incoming Destiny』 (2005年)
  • 2ndアルバム『Nemesis 2665』 (2007年)
  • 3rdアルバム『Nothing but the Truth』 (2015年)

 

のみとなっています。

地に足を付けた音

サウンドとしては、Testament最近のExodus最近のSuicidal Angelsのように、疾走しつつも地に足をつけたような重戦車系。

 

若手組ではHyadesなどとの共通点も感じます。

 

初期のExodusやSuicidal Angelsのような、とにかく疾走に次ぐ疾走、早ければ何でも良い!みたいな音ではありません。

 

軽さもなく、ドッシリとしています。

 

ちなみにボーカルはダミ声で野太い吐き捨て型。

平均的スラッシュメタルボーカルです。

 

 

 

 

後半からは正統派×メロデス系の影響も感じられる

スラッシュメタルらしく、リフは基本的にザクザクと刻んでいきます。

時たま、アクセントとして高音弦の音を絡めていくスタイル。

 

アルバム前半は硬派なスラッシュメタルという印象ですが、インストゥルメンタルである5曲目の "In Mourning" 、続く6曲目 "Mindfucked"、ラストの "Celestial Death / The Nemesis"などからは、Arch Enemyメロデス系の影響も見られます。

百聞は一見にしかず

とうわけで1曲目の "Pernicious Alliance"。

 

 

まぁぶっちゃけ、冒頭のリフはただ刻んでいるだけで新鮮みも面白みもないです。

 

個人的には、Aメロ、サビ裏などの中音域や高音域を挟んだリフが好きです。

 

 

  

 

 

6曲目の "Mindfucked"。

先に述べた、インストゥルメンタルの "In Mourning"に続く曲となります。

 

これを聴くと、メロデスなんかの影響もあるなぁと感じられるかと思います。

特にサビ。2分30秒以降。どこかで聴いたことあるような。

 

リフはツインギターでハモったりすることもあり、工夫が見られます。

 

ギターソロはもうちょっと長く聴きたかったなぁというのが本音。惜しいです。でもメロディアスでGood。

まとめ:これからにも凄く期待

最近は疾走すればいいや、みたいなバンドが目立ちがちなので、こういったドッシリとしたバンドは好きです。

 

これ!というインパクトのある一曲があるわけではないですが、全体を通してかなり平均点の高いアルバムでした。

 

2ndアルバムでこれだけ完成度が高いなら、今後さらなる飛躍もあり得るでしょう。