prison & whiskey

prison & whiskey

購入した物のレビュー、聴いた音楽、気になった話題などを取り上げたりしています。コメント大歓迎です。

新垣結衣と同年代のスラッシュメタルバンド、Eradicator 1stアルバム『The Atomic Blast』

The Atomic Blast

The Atomic Blast

 

 

ドイツの若手スラッシュメタルバンド、Eradicatorの1stアルバム『The Atomic Blast』を紹介します。2009年リリース。

略歴

あまりメジャーではないバンドなので簡単に経歴を。

結成は2004年。彼らが高校生の頃に遡ります。

 

メンバーは

  • Guitar / Vocal:Sebastian "Seba" Stöber
  • Guitar:Robert "Robb“ Wied
  • Bass:Sebastian Zoppe
  • Drums:Jan-Peter "Pitti" Stöber

の4人。

Sebastianが二人!紛らわしい!

 

ちなみにGt./Vo.のSebaとDr.のPittiが兄弟。同じStöber性です。兄のSebaが1988年生まれ。弟のPittiが1989年生まれです。

Gt.のRobbは未公表ですが、Ba.のZoppeも88年生まれ。

 

これはガッキーこと新垣結衣と同年代です。

だからどうしたって感じですね・・・

 

そしてこの1stアルバムでデビュー。当時の年齢は20~21歳。若い。

Metallicaのデビューと同じくらいです。

1stアルバムだがしっかりとした音・曲

20歳だし、1stだし、スラッシュメタルだし、スカスカのへっぽこなものが来ても仕方ないよね、と思っていた音は、意外に堅実です。

 

やや青臭くも、弱さを感じないダミ声ボーカル。やや軽いが、必要以上に走らないドラム。その下を支えるベース。

全編を通してなかなか締まった音。

若さ溢れる元気や疾走感、フレッシュさはありますが、安っぽさはありません。

スラッシュメタル meets NWOBHM

クロスオーバー系のパンキッシュさ。Exodus、Lääz Rockit、Death Angelなどの古き好きスラッシュメタルの音や激しさ。

さらには正統派メタルやNWOBHMの影響も感じました。

 

音そのものはスラッシュメタルのそれですが、その上に乗るリフは純粋なスラッシュというよりも、NWOBHMスラッシュメタルに近づけたような雰囲気が強いです。

激しさよりも、メロディや和音に重きを置いている様子。

ジャンル分けするならスラッシュメタルになるのでしょうが、純粋な禍々しさや激しさは薄めです。

 

ギターソロは手堅く、曲とよく合っています。不協和音系ではなく、ロディアスなツインリードも結構多い

「ギューーーンピロピロピロ・・・」と勢いで誤魔化している感はなく、無駄に速弾きに頼ることもありません。

曲紹介

#1:Possessed By The Devil

 

ブリブリベースから始まるオープニングトラック。

1曲目なのにスピードは並で、個人的には2曲目的な雰囲気を感じます。

 

ギターソロは結構格好いい。

初期Metallicaを思わせるような、ツインリードでメロディアスなソロです。

#7:Place Of No Return

 

Judas Priestか?はたまたIron Maidenか?」みたいなドラマティックなツインギターから始まる7曲目。

ここまで来ると、胸を張ってスラッシュメタルと言いづらくなるような音。

 

前半と終盤がミドルテンポで、中盤の疾走部をサンドイッチした曲です。

おそらくこの疾走部がキモで、一気にカタストロフィを感じさせたかったのだと思います。

が、正直に言って凡常。むしろ、前半部や疾走前のスローテンポな部分の方が格好良かった。

 

まだ荒削りではありますが、個人的にこういった挑戦は嫌いじゃないです。

まとめ

1stアルバムらしく、フレッシュさがあって気に入りました。

 

リフが弱い。メロディが弱い。印象に残る曲がない。もうちょっと疾走しても良かった。など思うところはありますが、1stアルバムに文句言っちゃいけない。

時間と経験で自ずから改善していくでしょう。

 

期待の若手です。

2016年現在で3枚のアルバムをリリースしているようなので、活動は順調のようです。