prison & whiskey

prison & whiskey

iPhoneやAndroid、Windowsといったガジェット。音楽。買ったもの。気になった話題など、好きなものを取り扱う雑多なブログです。コメント大歓迎です。

30年以上のキャリアは伊達じゃない!キレたリフが冴える、Artillery 8thアルバム『Penalty By Perception』

 

Penalty By Perception

Penalty By Perception

 

 

デンマークスラッシュメタルバンド、Artilleryの8枚目のアルバム『Penalty By Perception』です。

2016年リリース。

 

前作『Legions』で加入したボーカルのMichael Bastholm Dahl (マイケル・バストホルム・ダール)と、ドラマーのJosua Madsen (ジョシュア・マドセン)が引き続き参加。

 

つまり、前作と同じラインナップです。

相変わらずの安定度。偉大なるマンネリ

メンバーも同じですが、方向性も同じです。

基本的に前作の延長上にあります。

 

いや、延長上というよりも平行線上にあると言っても過言ではない。

まさにパラレルワールド

 

正直、前作と今作の曲を入れ替えても違和感はありません。

 

それくらい同じ路線です。

 

 

ですが、AC/DCがデビュー以降どこを切り取ってもAC/DCなように、変わらぬ良さもあります。

 

何より、曲のクオリティは相変わらず高水準です。

 

なので、前作が好きだった人は今作も気に入ると思います。

 

スタッツァー兄弟による、ザクザク、というよりもシャギシャギ、ジャギジャギとした切れ味の鋭いリフは今作でも健在。

 

 

一曲目 "In Defiance of Conformity" からアクセル全開です。

 

アコースティックな雰囲気から、徐々に分厚いギターを重ねていく幕開け感。

「来るぞ、来るぞ・・・」と思っていると、期待通り左右からシャギシャギと切り刻まれるリフ。

 

攻撃的なのにメロディアス、激しいのにキャッチーというArtilleryサウンドは、些かの衰えも見せません。


サビのメロディが非常に印象的です。

 

 

これが55歳のオッサンが奏でるサウンドでしょうか!?

(ちなみにギタリストのMichael Stützer(兄)は、8月10日で56歳になります)

 

でも、開始数秒の謎のSE?虫の音?はいらなかったのでは・・・と思う。

雷の音くらいで良かったのでは。 

 

 

 

歌えるボーカル

そして、今作のサウンドを支えるのは、ボーカルのマイケルと言っても過言ではありません。

 

前作ではゲストボーカル感が強く、やや浮き気味でしたが、ようやく一つになりました。

 

スラッシュメタルには珍しい「歌えるボーカル」で、四天王ならAnthraxタイプ。

 

中音域~高音域まで高らかに歌う、ハードロックやパワーメタル、正統派メタル風の声質です。

 

まぁ好き嫌いはあるでしょうね。うん。

 

ちなみにマイケルは、Ripeというバンドでアルバム『Eloquence Of Silence』を出しています。

 

 

「マイケル」と書いているけど、Michaelなので「ミカエル」の可能性もあります。

だってデンマークのバンドだもん。

 

 

音は格段に良くなった

今作は随分と音が良くなりました。

音圧が強くなり、非常にクリアになりました。

 

前作は篭っていた。ザラザラとしていた。金がなかったのか?

それもあって、綺麗なボーカルの声と違和感がありました。

 

今後もこの音でお願いします。

今作も買い

前作が気に入った人は間違いなく買いです。

 

先日書いたParadoxと同様、期待を裏切らないメロディアスなスラッシュメタルアルバムです。

 

ParadoxとArtillery。共に90年までに数枚のアルバムをリリースして解散し、2000年頃に復活するも、また8年前後間が空くという・・・

 

アルバムとしても、そしてバンドとしても一体感が出てきました。

このメンバーで三枚目出るでしょうか。